上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はパイロットスクリューを4分の1右に回しただけ。

減速時にアクセル全閉でアフターファイヤ(バックファイヤ?)な音がするのが気になって。

明日も仕事で乗れそうにない。
金曜日は少し乗れそうなので金曜日が楽しみ。



あとは、バイクの出し入れで駐車場の穴が邪魔だったので穴埋め。

穴埋め


穴埋め

なぜかここ毎回土が無くなる。
土はどこに行くのだろう?。
地下水でも流れているのか?。





SR400に乗り始めて、交差点でエンジン止まって焦ったのは今の所3回(笑。
エンジンが温まっていれば止まる事はないんだけど、完全に温まるまで待っていられないんで。

なぜかタイミング悪く信号が青になる直前にエンジン止まったりするんだよね(笑。
自分でも笑えるくらいタイミングがいい(笑。

でも、まあ、それさえも楽しいんだけどね(笑。



そんな感じで今回はキックスターターの感想でも。


まずはモノ的に楽しい

昔の車や飛行機だってレバーでエンジン回して始動していた。
そんな気分。

自分の体(筋肉)でエンジンを始動させたって感じかな。


次に儀式的に楽しい

そりゃセルのように5秒でエンジンかけて出発なんて出来ない。

キックスターターでエンジンをかけるって『作業』がそこにあると、
なんか気持ちが引き締まるし、やる気が出るし、嬉しい、、、そんな感じかな。

エンジンが冷えた状態で一発で始動出来るとかなり気分がいいです(笑。


次にアナログ的に楽しい

コンピューター任せではない。
チョーク引いてキック!!。必要ならアクセルも回す。

アナログ機械が動いているって楽しさと安心さかな。
さすがにコンピュータ壊れたら直せないんで、そんな安心感。




ついでに、、、疑問が、、、

インジェクション車ってバッテリー上がってもエンジンかかるの?。
例えば、、押しがけとか可能?。

ネットで検索してみると、セルが回らなくてもインジェクターが動く程度の電力が残っていれば押しがけ出来るらしい。(AT車とかは無理らしい)

なるほど、、、レース用車ではセルモーターも軽量化の為に外しているかもしれないし、そこから考えれば押しがけ出来て当然か。


SRの場合キックスターターがあるんだから押しがけする必要がないけど。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。