上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暗い内容がBlogの先頭にあるのが嫌なので、もう1度更新(笑。

あ、あ、、、別に暗くなっていないので大丈夫ですよ。
ウツにもならないだろうし、自殺もしません。
ショックから5時間でほぼ復帰しています(^_^)V
17年間病気で鍛えられた性格でよかった(笑。


で、、、届きましたーー!!

SRオイルライン

KEDO社のSR用オイルラインセットです。

ネットを検索すれば出てくると思いますが、自分も一応説明書いておこうかな。


初めの疑問は、、、なんでみんなSRのオイルラインを換えるのだろう?、、という疑問から始まりました
確かにカッコイイけど、取り付けの面倒さを考えても換える理由があるのかも、、、と。
変換ネジまで自作してオイルライン作ったり、高いショップのオイルラインキットを付けている人も沢山いる。

ネットを色々読んでいくと、、、、
純正のオイルラインではヘッドの排気側にしかオイルを流していなくて、吸気側はそこから伝わって流れてくるオイルだけという事らしい。
確実にオイルを流したり、冷却を考えたりするなら、吸気側にもオイルポンプから流してやる、、、って事みたいです。
それにヘッドには、初めからその穴が用意されているのに、オイルラインは来ていないと解った。

じゃあ、自分もやってみよう、、、と思った。
しかし、、、変換ネジ自作したりするのは無理そうだし、、、ショップのキットはかなり高い。
うちにもドリルはあるけど、あの硬いネジに真っ直ぐ穴を開けるなんて自分では無理な気がする。
ネジの規格を調べて勉強したり、どこかに変換ネジが安くないか探したがない。

さらに色々と見ていくと、、、、偶然検索にかかったのが、このKEDO社のオイルラインを付けた人のBlog。
●社のオイルラインと多分同じで値段は4分の1の6000円。
安い!!
(もちろんサポートや保証を気にするなら、日本の●社の物を使うべきでしょう。それゆえの4倍の値段だろうし。)
ショップのキットは25000円~40000円くらいみたい。
試作やテストや量産だとそれくらいになってしまうのは仕方がないと解っているのですが、
自分はツーリング系だし、せっかく●●万円で手に入れたSRにそんな高い部品を着けるなんて贅沢は出来ない。


ネットオークションで手に入れたと書いてあった。
さすがにドイツ語は出来ないので直輸入は出来ないけど、ネットオークションなら日本語だから自分でも買える。
早速ネットオークションを検索したら2つ出ていた。
1つは100円からの入札、もう1つは6000円で直落札。
入札を楽しんで出来れば安く手に入れるってのも楽しいかもしれないが時間だけ失う場合が多いので、面倒なので6000円の方にした。
出品者の人も良い人で対応発送も早く丁寧で良かった。


という感じです。


にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ


『続きを読む』はオイルライン調べるのが面倒な人の為に調べてみた『感想』を(笑。

... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。