上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は失敗したぁーーーー。
昨日はいつもと違い体や頭を洗ってから薬を使おうと順番変えたら、薬使うのを3時間忘れて遅れた(T T)
当然副作用も遅れてくる。
痛みが無くても使わないといけない薬ってついつい忘れちゃうよねぇ^^;

横になってTVの古い再放送をぼんやり見ていた。
CMになった。
古いCMが流れて、あれ?ビデオじゃなく再放送見ていたはずなのに、、、と焦ってしまった(笑)
CM新しくせずコストダウン?,,いや、何年も変っていないサービスやってるって事でいいのか?。



ネコ、、、

20120207132546_002.jpg

熟睡。
近付いても気付かない(笑。




面白い記事だったのがコレ、、、
ラジオとスマホの関係・ラジオと震災・未来のラジオの姿、NHKラジオセンター長 山田建インタビュー
NHKのラジオをandroidやiPhoneで聴けるアプリ。
46万ダウンロードらしい。
音も普通のラジオと違って良いと評判いいそうです。

記事はラジオのハード面とソフト面の歴史的解説もあって面白かった。
報道としてありかた、ラジオの将来なんかの話もあった。
あとは、このインタビュー通りにNHKラジオさんが頑張ってくれればいいんですが。



ノートPCを使う事が多くなったので、またこれを使い始めた。

20120207141827_003.jpg

ノートPCも充電出来る外部バッテリー。
EeePCが6時間しか電池が持たないし、Win7タブレットが2時間50分しか電池が持たないので。
家の中でも、あと少し電池が持ってくれれば、、、って時がたまにあるので。



製品にオマケで付いてくるUSBケーブル。

20120207183552_004.jpg

溜まってしまった(^^;




朝ネコに挨拶。

20120208155041_000.jpg

自分:「三ちゃん久しぶり!。おはよう」

20120208155044_001.jpg

三ちゃん:「おはようございます」
(ニャーって言ってお辞宜してくれた)
自分:「あれ?なんか今日は礼儀正しいね」

20120208155053_002.jpg

三ちゃん:「子供に教育中なんです」
自分:「なるほどねー。洗濯物のタオルで遊ばないように言っておいてよ」
三ちゃん:「了解です」


雪がちらついている。

20120208155110_003.jpg

今日の夜積もるのか?。
先週雪で病院行けず1週間伸ばして貰ったのに、また予約日前日に雪が積もってしまうのだろうか?。




ちょっと買い物に出かける。

20120208155138_004.jpg

5度。
道路の気温表示は3度だった。

20120208155203_006.jpg

20120208155502_007.jpg

帰り道、また雪が降り出す。
今週は雪はやめて欲しいなぁ、、、。

Androidの追突防止アプリのiOnRoad楽しいです。
痛み止めを使っている自分には早めの警告設定で調度いい感じ。
運転に緊張感も出るし、スムーズな安全な運転をしようとするのも楽しい。

20120208155141_005.jpg

この数字なんだろう?、、、と思ったら、運転スコアのようだ。
車間距離やブレーキの強さなどで減点され、スムーズな走行時にポイントが加算されるみたい。
ただ、、、加算の『合計ポイント』であって運転中の『平均点』ではないので、距離が長ければそれだけ点数を増やせてしまうのが残念。
毎日同じ通勤路だけ走るとかなら楽しいかも。




夜、、、、NHKでこの前やったコンピューターvs人間(元名人)の将棋対決の解説番組がやっていた。

20120208195430_000.jpg

面白かったです。
コンピューターの思考の仕方(プログラム)の解説はもちろん、将棋の解説もあってとても面白い番組だった。
なぜ今年は面白いのかというと、やっとコンピューターが人間らしい思考をするようにプログラムされていたから。

自分は小学生の頃に将棋ブームがあってかなり将棋で遊んだし、学校のクラブ(部活じゃない授業)でも希望が通らないと将棋クラブ行きだったのでそこでも将棋やってたし(笑)、将棋はお遊び程度は打てるので、ちょっとは解るのです。

結果はコンピューターの勝ちだったけど、人間らしい駆け引きがあって面白い勝負でした。
コンピューターはログがあるのでその場面でどういう思考をしていたから後から解る。その解説も当然あった。
人間の元名人のその時の思考の解説もあった。

ある場面で(局面で)、、、
さすが元名人、コンピュータが『誘っている』と気付いていたようだ。
他の観戦者はコンピューターが困っていると感想を言っていたが、元名人は誘っていると解っていたのだ。
(コンピューター側はログがあるし、プログラムした人はこれが困っている動きで無く誘っている動きと当然解っている)
それでも名人は・・・・・・・。
いやぁ~面白かったぁ~(^^)

勝負に『もし』は無いんだけど、もしアノ場面で違う手に出ていたらどうなったんだろう、、と考えてしまう。
コンピューターのプログラムと将棋の両方を知っている人なら、とても面白い番組だったと思います。



コンピューター側的には、、、

勝負はコンピューターの勝ちだったけど、中身的にはどちらが勝っても人間の勝ちだったのです
なぜ?、、、って、、、、
今回のプログラムは、羽生氏の協力で羽生氏から人間らしい思考を研究してそれをプログラムしているので。
『大局を見る』という事が出来るようになっていたわけ。
今までのようにコンピューターのスピードに任せてより多くの予測評価をするのではなく、無駄な思考パターンを早めに切り捨て、その分『全体的に良い』と思われるパターンの選択と予測評価のみにコンピューターのパワーを使っているのです。
『良い流れ』というあいまいなモノの未来予測計算って感じです。
いやぁ~面白かったぁ~(^^)
これが人間らしい思考とかAIって事の第1歩らしい。
人間を研究したからこそ人間らしいプログラムが出来たわけで、『元』が人間なのでどちらが勝っても人間の勝ちって事。



あ、あ、あ、あ、、、体が元気だったらちょっと一杯ついでに●さんのお店に行って将棋の話しでもしたい気分なんだけど、、、、今日は薬の副作用がかなりキツくてダメ(T_T)。
トイレ行くのに起き上がるのも辛かったほどなので、今日はこのまま早めに寝ます。





ついでに、、、TVでこの将棋を見ていて自分自身でやっと気付いた事がある。

将棋も面白い遊びだとは思うんですよね。
でも、、、なんか苦手な気分で、それが自分でもなぜか解らなかった
でも、、、今日、コンピューターvs人間の将棋番組を見ていて解った

それは、、、、

将棋って実力差が大きいとガンガン攻めて行けて楽しい。
でも、実力が近かったり、相手の方が強いとそうはいかない。
それはどんな勝負でも同じだろうって?、、、、いや、将棋はそうではないのです。

ガンガン攻めて楽しみたいと思っても、実力が近かったり相手の方が強いと、相手の出方を待ったり、相手の動きを誘ったりしないといけないので、攻める為にもガマンが必要な時があるのです。
多分、自分はそれが面倒と感じているんだろう(^^;、、、。

これが仕事とかならタイミングを待つとか相手の希望を待つって事が当然なわけだけど、遊びな将棋で『ガマンの時』ってのが自分はダメなんだろうね。
だって、、、病気でだってガマンしている事が沢山あるのに、遊びくらいはスッキリ遊びたい(笑。

まあ、それが楽しいと思える人が将棋を楽しめる人なんだろうけど。



でも、勝負を見ているだけなら楽しいかも。
そうか、、、、それでスポーツ観戦が趣味な人がいるわけか、、、。
自分はスポーツなんて自分自身がやらなければ面白くないと思っていたけど、そういう駆け引きを解るまで好きになればスポーツ観戦も楽しいのかもね。




『続きを読む』は、大人な感想(笑。

... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。