上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.06 次の段階。
今日は病院の予約があって乗れないと思ったら、予約は月曜日だった(^^;
でも、痛みが出て病院へ。


今まで打って貰っていた痛み止め注射がとうとう打ち過ぎと言われてしまい、
いよいよ次の段階に。

今までのは人口麻薬な痛み止めでしたが、今度は弱い麻薬な薬。
これを定期的に飲む事で痛みをコントロールらしいです。

そんな便利な薬があるなら持病で苦しんでいた頃から使えたら、もっと沢山働けたし沢山遊べたのに、、、と思ったが、
これは癌患者用の薬みたい。
痛みが酷くなった時の緊急用の薬も持たせて貰えるようだが、自分はまだそれは無し。


だからって心配は要らないですよ。
自分は癌で臓器をやられて痛いわけでなくて、抗癌剤の副作用で持病が痛いだけなので。

これで痛みが出ない体になれば、仕事ももっと出来るし、バイクも安心して遠くに行けます\(^O^)/。


まだ1回飲んだだけで、薬に慣れていないので体にダルさが少し出てますが、
痛みのない体って幸せだなぁ、、って感じです。




昨日は5月5日だったのですね。
夜、病院仮にチマキを買ってみた。

チマキ

暖かくなってきていよいよ虫も出てきた。

エンドウは大丈夫だけど、、

豌豆

ほうれん草は、、、

ほうれん草

虫食いだらけ。
虫の食べ残しを人間が食べる事になる(笑。




食べ物と言えば、TVはユッケ問題ばかり。

自分はユッケなるモノを食べた事が無い。

まあこの事件は亡くなった方から食べ物代のお金を受け取っている店舗側の責任で納入業者は関係ない気がするが、
責任の押し付け合いが始まってますね。

それよりも、ナマモノが危険なのは何でも同じような気がするんだけど。
肉、魚、貝、卵、乳製品、薬、、、、。
非加熱は何でも危険があるよね。
食べる方だって解っていて食べたんだと思うけどなぁ。



にほんブログ村 バイクブログへ



バイクに乗って意外だったのが、バイクって意外にもカネがかからず遊べる事。

『続きを読む』はそんな話です。






バイクと自転車の出費比較


バイクに乗り始めて驚いたのは出費の少なさ。
意外にもバイクの方が出費が少なかった。
もちろん、どのレベルでバイクや自転車をやるかによるけど。

今回は自分レベルでの出費比較を書いてみます。



・車体
これはバイクも自転車も変わらない。
自転車もスポーツ用となれば、5万~200万まで色々。
良い製品で普通は30~60万位。
それだけのカネがあればバイクは十分買える。

自転車はメーカーや輸入元が中古車の販売を認めていない。
なのでスポーツ系自転車店では中古車が売れないのです。
そこで伸びたのが中古自転車店。
ただ可哀想なのは、中古自転車店は儲かっているのに
イベントに協賛させて貰えない(イベントで宣伝出来ない)そうです。
大人の都合って嫌だねぇ、、。
当然中古で買った自転車やネットで買った自転車やパーツを
自転車店は診るのを嫌がります。

自転車は2、3年でフレームがヘタると言われている。
まあ、それを感じられるレベルの人は少ないだろうし、
バイクだって経年劣化はあるからね。

1番大きな違いは、所有台数。
バイクだとせいぜい1、2台だろう。
自転車は、少なくても3台位買っちゃうよね。



・パーツ代
バイクの一部の高級メーカーの部品を除いては部品代も自転車と差はない。
タイヤ、ブレーキパッド、ブレーキシュー、その他パーツも数千円~数万円かかる。
自転車のグリップのいいタイヤは3000Kmほどで無くなるらしいし。

自転車もホイールって5万ほどから数十万って製品もある。
バイクと変わらないんだよね。

使用できる距離を考えるとバイク用は耐久性が良いのでかなり安い。



・駐車場代(保管場所)
車のように車庫証明が要るわけではない。
でも、マンションやアパートなど集合住宅だと自転車置き場にバイクを
停めさせて貰えない場合もある。
そうなると貸駐車場代がかかる。
さらに、自宅から離れた貸駐車場にバイクを置いておくのは盗難が不安。

自転車は家族の許しがあれば屋内保管出来る。
まあ、屋内保管出来る部屋数があるって事は、それだけ大きい家なんだから
賃貸料や固定資産税や家の購入費がかかるわけだけど。



・保険代、車検代
保険代は差がある。
自転車保険やスポーツ保険は年間2千円ほど。
バイクの保険は2万~4万かかる。
自転車はたった2000円の保険に入ってない人も多いみたいだけど。

車検は250cc以上はある。車検代は強制保険と合わせて4~5万くらい。
まあ、自転車も整備は専門店でって言われているけどみんな自分でやってるけどね。



・交通費
これは差が大きくバイクが有利。
まあ、人によっては自転車で1日に200Kmとか300Kmも走れる人もいるけど、
それはそれなりにトレーニングしていないと難しい。
バイクならアクセル開ければ進むからね。

そうなると、自転車は車や電車で現地に運んで乗ることになる。
その車の燃費、有料道路代、駐車場代がかかる。
観光地に行って数千円も駐車場代がかかるなんて事もあるだろうし、
ガソリン代だって1回数千円だろう。

バイクは、自分のSRなら30Km/L走るし、駐車場代要らないし、有料道路は2輪価格か軽自動車と同じ。
自分は1回のツーリングのガソリン代が約1000円で済む。

まあ、車の場合、何人かで乗り合いで行けば安くなるんだけど。
家族の場合は乗り合いと言ってもカネの出所は同じ。



・オイル交換
自転車にはオイル交換が無い。

でも、自転車は自身の体力で進むので補給食や給水がかなり必要なのです。
体のメンテにアレ塗ったり、これ塗ったり。
さらにプロテインも使っている人もいるだろうし。
人間のオイル交換代がかかるんだよね。

バイクは腹が減っても走れるけど、自転車は腹が減ったら走れない。



・服代
自転車の服代も意外に高いんです。
あの薄い自転車ジャージって上下で8000円~30000円ほどする。
靴も数千円~数万円。
ヘルメットもバイク用と値段に差はない。

バイクでも自転車でも普段着でも走れるけど、スポーツとなるとやはり
バイクも自転車も専用の服となる。
特に自転車は空気抵抗やら軽さや動き易さを気にしないといけないからね。

1枚あれば走れるのにレプリカジャージやらチームジャージやら何枚も買うので
自転車の服代の出費はさらに大きい。
自転車は運動なので服の痛みも早いってのもあるけど。



・免許代
バイクは免許が要る。
普通車の免許持っている人で10万くらいかな?



・イベント代、レース代
自転車のイベント代やレース参加代は数千円。
バイクは有料のイベントが少ない。サーキット走行くらいじゃないだろうか?。

自転車イベントはとても楽しいが、申し込む時に出費を考えてしまう。



・治療費
自転車も下りでは100Km近く出るし、列車組んで走っている人は30~50km/h出ている。
もし事故した場合薄着の自転車は怪我も大きい。
のんびりサイクリングならその危険は減るけど、のんびり走って200Km、300Kmは難しい。

バイクは腰を痛める人もいるようだが、自転車も足・腰を痛める人がいるようだ。
どちらもやり過ぎは良くないし、体を鍛えず無理すれば痛めるのは同じだね。

自転車とバイクで同じ距離を1日で走ったら、当然疲れの酷いのは自転車。
次の日の仕事に影響したり、マッサージ代まで使うと出費は自転車が多くなる。





どちらが健康的か?と言われれば自転車なんだけど、今回は出費だけを見た場合。

そんな感じで1回とか1日遊ぶ費用って自転車もバイクも変わらないのです。
(車で運んで)遠くに行くと自転車の方が高くなる。
距離を考えるとパーツの耐久性で自転車の方がカネがかかる。

まあ、自分の場合免許を持っていたって点がまた始めるのに楽だったというのもあるのですが。



意外にも実は自転車で毎週遊んでいる人って収入いいのかも。



有料道路と有料施設を使わなければ1日ガソリン1000円+食事代で遊べるバイク。
沢山遊べていいですよ~。

Secret

TrackBackURL
→http://14nenburi.blog77.fc2.com/tb.php/161-477ac4f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。