上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.26 風の谷。
昨日の夜から麻薬系痛み止めを使い出した。
痛みが消えてこれなら一般道400Kmツーリングまた出来そう(^^)
痛みが急に酷くなった場合の別の麻薬分類痛み止めも処方されているので大丈夫、、、、だと思う。


のだが、、、、、

よし!痛みも無いし自転車で買い物に行くか、、、、って事で、、、

堀川

を通って、、

黒川

の辺りまで来た。
結局店がなくなっていて、さらに自宅とは反対方向に走り購入。
買ったのは●さんお勧めの●●●●●の錠剤。

この所、調子悪くて寝ている事が多かったし食事制限もしていたし、運動不足もあって、たったこれだけの距離で疲れて夕方寝てしまった(^^;


で、、、夕方寝てしまいオイルライン付け替え出来なかった(^^;




Appleジョブズ引退

MAC

自分も外勤でPCが要る場合はMACです。
自分のノートPCでこれが一番速いので。
MACはいままでこれで4台目。iPod2台、iPhone1台ってのが自分のApple歴。

Apple好き嫌い、ジョブズ好き嫌いは人によって様々でしょう。
今思うと、、、PCの変化に一番早く気付いたのがAppleとGoogleだったのだろうと思ったりしている。

どういう事か?、、、って、、、

PCって、『何かを作る為の道具』だと思っていた。ゲーム等インストールして遊ぶ事も出来たけどね。
それが、いつのまにか『使う道具』になっていた
使って楽しい道具、使って便利な道具、、、なPC。
簡単に言うと、TVやDVDや冷蔵庫や洗濯機や車やバイクと同じ。
ネットを見る、メールする、OFFICE系アプリを使う、SNSやる、Twitterやる、音楽聴く、動画見る、Blog書く、、、、、。
そういう事をパソコンに普通の人は求めていると気付いたのがAppleとGoogleだったのだろうね。

学術科学的計算とかプログラミングを求めている人なんてほとんどいないだろう。
動画編集や音声編集さえしない人も多いだろうし、画像加工もそれほど真剣にやらない人も多いだろう。
その結果の(現時点での)最終形態が、iPad(iOS)やAndoridなんだろうね

楽しければいい、便利ならいい、、、、それは間違いではない。
昔からPCを知る人には物足りなさを感じているんだろうけど。

で、、まあ、自分はApple(の成功)=ジョブズだと感じていたので、そんな感想です。
細かい事を言い出せば沢山あるのですが、一番大きかった点は一般人が求めているモノを提供したって事かな。

みなさんは、ジョブズ引退をどう感じました?。





やっとバイクネタですが(^^;、、、、今回は題して『風の谷』(笑

Blogでは道路や綺麗な山、海、川の写真が多いですが町、、、いや、村の景色も撮ったりしています。
ただ、30Km/hほどでのんびり走っているとはいえ走りながらなので良い写真が無いし、感動してカメラの存在を忘れてしまっている事がほとんどなんですが(^^;、、、。

田舎

行った中には、丁度いい大きさ(小ささ)で上手く山に囲まれていて、まるで風の谷(ナウシカの)のような村が沢山あるんです。
綺麗な村とその景色。
平和しかなさそうな静かで穏やかな村に思える景色。

TVや観光ガイドではまず出てこない、細い県道を走らないと知る事が出来ない村。
その発見の嬉しさと感動でついつい写真を撮るのを忘れてしまう(^^;

もちろん、風の谷みたいと思っても、大きな風車は無いし、オーム(蟲)も出てこないけどね(笑。

ナウシカだけでなく、ラピュタ、魔女宅、、、その他マンガやアニメや映画で出てきた風景に似た村の景色が日本にも沢山あるんですね。
想像の世界だろうとか、上手くカメラで撮っただけだろう、、、って事でもない。探せば、、、いや、行けば沢山見れる。


車では行きたくないような細い道だし、バイクでも大人数のツーリンググループで走る様な道ではない。
それに気付いたり感動したりする心がなければ、ただの道。


もちろん、、、、、思いました
自分が若い時に、こういう事に気付ける心や感動する心がもっとあったのなら、バイクを途中で辞める事はなかったのになぁ、、、って。
まあ、何度も病気で日常生活さえ出来ない体になったし、手術も5回、その回復に必要な時間もあったので仕方がないって点もあって、気付いたりや感動する身体的余裕さえなかったのもあるんですけどね(^^;。




そんな点を自転車も含めて、、、、


自転車でも体力がある人なら、自分が楽しんでいるような道を走る事が出来るでしょう。
実際、そういう自転車は多いです。
どの山の中でも自転車見ますからねー。
いや、バイクより自転車の方が停まり易いし、よりのんびり楽しめるかもしれません。


たまに見るのが親子サイクリング。
田舎ののんびりした景色と親子サイクリングが、ほのぼのした感じでとてもいい絵に思ったりしています。
中には、え????大人の自転車乗りでも嫌がるこの坂を小さい子供が親子で登っているよー!!って関心させられる事もしばしば。
ガンバレー!!って声をかけたくなるくらいです。
Secret

TrackBackURL
→http://14nenburi.blog77.fc2.com/tb.php/279-8050cd40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。