上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.03 油圧計。
また3時間で目が覚めた。
なんとかこの癖直さなくては、、、。
その分、朝はゆっくり寝れてしまうんだよね。
明日はやっと午前に用事の無い日なのでゆっくり寝られるけど、いつもはキツイ(^^;



SRに油圧計を着けたいと思っている。
安かったのですでに買った(笑。

油圧計

いかにもアナログっぽい感じでカッコ良かったという理由だけで買ったので付け方が解らず苦労している(^^;
それは、これ、、、

油圧計

ここにどうやってホースを着ければいいんだ、、、、???????????。

ニップル型に変換すう部品があるのか?。
この前のKEDOオイルラインのオイルホースを途中で切って二股にしてオイルライン作るだけでもいいのだけど、二股にするパーツあるのか?。
そもそもどのサイズのホースを買えばいいんだろうとか、、、も。

カー用品店とかバイク用品店で簡単にパーツが揃えば楽なのになぁ、、、。
ネットでさえ部品が見付からない、、、。


良い案お持ちの方、ぜひ教えてくださーーい。m(_ _)m

にほんブログ村 バイクブログへ




『続きを読む』は、沢山いる現実(T_T)に説明。




今週からうちの会社の仕事を他社に譲渡する引き継ぎ作業中。
13年間続いた自分の会社もこれで終わり。

仕事では良い人達に支えられてきた自分と自分の会社。
(良い人としか仕事をしないわがまま経営とも言えるのですが(^^;、、)
もちろん、これからも人としての関係は続くのだが、そういう良い人達と共に人生を(仕事を)進めてきたのが終わるのはやはりとても寂しい(T_T)。
仕事だけでなく、、、なんていうか、、『元気』という気持ちを分けて頂いていたって感じも強かった。
そういう多くの方々のおかげで、この病気の体を支えて働く事が出来たのです。

もし癌が治ったら、また0からの出発になるので大変だろうけど、それはそれで楽しみ。

体力体調的には、仕事的にはとっくに限界を超えていて、その点ではかなり無理をしていた。
週7日のうち、本当は4日間は外に出たくないってほど弱っているので。
それを数年間頑張ってきたが、ここで一度体を休ませ、治す事だけを考える。

もし、自分にもう30年の時間が出来たら何をしようかなぁ。
みなさんの今後30年の予定は?。
終わるという事は、新しい生活が始まる。
とりあえずは療養が始まるだけなんだけど(^^;、、、。



当面は、抗癌剤増量継続 + 民間療法3種類 + 鍼灸院さん で療養治療予定です。
あとは疲れ過ぎないようにバイクでツーリングで気分転換。
麻薬系痛み止めは疲れや眠気を麻痺させる感じがあるので無理はしないようにしないといけないと感じている。



ここまでは前置きで、ここからが本題。



仕事だでなく色々な人に報告すると、家族や血縁に癌の人が要るって人がとても多い。
近所でも癌の人、癌の人を家族に持つ人がとても多い。
1家族に1人、1家系に1人はいる感じ。


抗癌剤はとても辛い。
人によっては1回で挫折する人もいるだろう。
以前も書いたが、人生もう悟ったような年齢の人が抗癌剤が辛いと泣いているのも見た事がある。
でも、それを責めないであげて欲しい

抗癌剤で治る確率は現時点はかなり確率の低い事だし、
延命しても残りの3分の2を抗癌剤苦しんで動けないのでは生きているとは言えないし、
副作用の強さは人によって違いがあるらしい。
それに、、、
自分が耐えられるのは、今まで病気や手術で何度も死を覚悟している経験があるし、
抗癌剤以上に病気で苦しんだ期間が長かった経験や手術からの辛い回復経験も多いおかげなのです。
さらに、、、
歳を取っていれば、抗癌剤で弱ってそこから回復というのを繰り返す体もないだろう。
自分は癌がすぐに広がるような若さではないし、回復出来る程度の若さでもある。

年齢、体力、精神力(経験)、病状、、、、の違いで、無理な人は多いと思う。
同じ病気同士集まって励まし合うってのが、どんな病気でもあるが、自分はそれを面倒と思える程の経験をしてきている。
励まし合うのも良いと思うし、宗教や超自然?に頼るのも仕方し、病院によってはそういう精神面のサポートもやっている。


もちろん、病人側も『生きて欲しい』という気持ちで言ってくれているのは誰もが解っているはず。
ただ、、、抗癌剤はそれ以上に辛く、精神力や励ましだけでは乗り切れない場合も多いと思うのです。
それに、、、、カネの問題もある。こればかりは気持ちではどうにもならない。


もちろん、、、逆もあると思います。
医師や看護師は、抗癌剤がどれくらい辛いか知っている。
『ここまで頑張ったんだからもう諦めてもいいよ』、『そこまで辛いなら諦めてもいいよ』的な言葉もある。
そこで諦めるのもよいかもしれませんし、自分はもっと頑張れると思えば続けてもいい。
自分の体と命なんだから、自分自身で決める事。
弱い方、、、楽な方、、、に流れるのは簡単だし、(今でなくても)いつでも出来る事。


癌と戦う人達とそれを支える人達の参考になればなぁ、、という話でした。

気が向いたら民間療法や副作用を抑える健康食品ネタもそのうち書くかもしれません。
お急ぎな人がいたらメールででも。






もう1つ、健康な人達にもぜひ知っておいて貰いたい驚きの話を聞いたのでそれを。

みなさん民間の保険に入っていると思います。
これだけ多いので癌保険にも入っている人も多いでしょう。
もう1度、契約見直してください。

TVとかで、先進医療保障だとか、何百、何千万円まで補償とかやってますが、それ1回きりかもしれません

どういう事?、、、って、、、

例えば、1回癌手術したとする。
その後の癌治療費が出なかったり、保険適用外の先進医療費が出ないとかあるらしいです。
そう、、、1回しか出ないって保険があるそうです。

癌なんて再発や転移の可能性が高いし、治療だって長期に続くかもしれない。
1回しか保険が下りなかったら、、、意味無いですよね。
まあ、その分だけ掛け金も安いのかもしれませんが、期待していて出なかったら、命のかなり係る事なので納得するのも大変でしょう。
十分その辺は調べて、説明を受けておくべきだと思います。


手術は数十万~数百万かかるでしょう。
抗癌剤は1回につき10万はかかるでしょう。
痛み止め、吐き気止め、栄養の点滴、皮膚の荒れの薬、人によっては増毛剤やカツラ代もいるでしょう。
保険適応外の癌治療は1回数百万かかります。
病院の短い診察時間に都合よく調子が悪くなるわけがないので、時間外診療の金もいる。
当然、歩けないほど苦しい抗癌剤を使うとなれば、トイレが近い個室がいいに決まっているし、手術後は静かに寝ていたいので、苦しんでいるのに他人のイビキや歯ぎしりで寝られないってのはもっと辛い事です。個室は安くても数千円/日かかります。
若い人ほど長期の延命を期待するでしょうし、プライバシー的な点でも大部屋は辛く感じると思うし、大部屋生活に耐える精神力も低いでしょう。

保険適用内の治療ならある程度は高額医療で戻ってくるのでしょうが、とりあえずの金も大量に要るわけです。
(すべての県や市がそうなのか知りませんが、とりあえず高額医療分を先に保健所?に請求出来る制度もあるみたいですが)

自分の特定疾患も1つの病院(1ヶ月単位)しか適用されません。
民間保険であちこち病院行きたいってのも出来るかどうか、、、、。


Secret

TrackBackURL
→http://14nenburi.blog77.fc2.com/tb.php/288-b6e2ed8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。