上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また2時に起きてしまったので、昨日の分を更新(^^;
昨日更新しろよ!!って言われそうですが、更新しようかなぁ、と思ったら体調悪くなり9時半に寝てしまったんです。


今日も雨、明日も雨。
入院前にバイクに乗るのは無理だった(T_T)。
退院したらバイクに乗るのを楽しみにするのも含め、通販ボタンを押した(笑。

お店で「天気の悪い中ありがとうございます」って言われると結構嬉しいもんですよね(^^)
まあ、そういう店は少ないんだけど。
それは車社会のせい?。店員さんがお客に気を使わなくなったせい?。


今日はホームンセンターに行ったくらい。
電源タップを買った。
いつもノギスを買いたいと思っているのに忘れてしまう。
今まで家にノギスがなかったってわけでなく、何かのオマケで貰ったプラスチック製の安そうなのを使っていたのだけど無くしてしまったので。



グローウィンさん
のツーリングに参加したいと思っているのだが、今回は残念ながらギリギリ退院出来るかどうかの日で無理。一応今回も体に穴を開けるわけだし、抗癌剤も使うので体調的に動けるかも解らないしで。
距離も長そうだし、今回はお見送り。
楽しいツーリング記を楽しみにしています。



ツーリングと言えば、、、

SINGLE★NIGHT参加したーーーい!!と思っていたら雨天中止になり、
リベンジイベントも台風で延期になったみたいだ。
行きたいけど、、、まだその距離を走る自信が今の体調ではなかったので無理だったかもしれないけど。
次回のSINGLE★NIGHTにはぜひ行きたいと思っています。



いや、別に夜走りたいとか、話したい事があるとかって事はないんです。
バイク好きの熱い想いや、のんびりしたバイク好きの集いの雰囲気を楽しみたいのです。

前回のSRミーティングは少ししか居られなかったけど、そういう雰囲気がとても良かった。

そんなのどこにでもあるだろう!!、、って?、、、
そうでもないんですよ。
とても貴重なイベントに思える。


『続きを読む』はそう思う理由。





そう思う理由は、、、、(自転車を例に出して申し訳ないが)、、、、


例えば、、、、


自転車が流行る前は、イベントにそういう雰囲気があった。
レースイベントもサイクリングイベントも。
知り合いも増えるし、自転車好きが集まって楽しんでいるという雰囲気があった。
ネットでも知り合いが増えていく。

しかし、、、、

自転車が流行り出したら、そういうのは逆に減ってしまった(>_<)
流行って人口は増えているはずなのに、知り合いは増えない。

なぜ?、、って、、、
参加側のイベントを盛り上げようという雰囲気も無いし、
チーム毎に壁を作ってしまっているし、
イベント主催者側と参加側にも大きな壁が出来てしまった。

レースでライバルなんだけど、困っていればパーツをあげたり、道具を貸したりして助け合ったのは当然だった。
知らない人とも話せるし、自転車をみんなで楽しもうという雰囲気があった。
それが、サイクリングイベントでさえ減ってしまった。
他人が困っていようが見捨てていくし、チームの壁に閉じ籠る。
参加者は『お客様は神様です』的態度になっていき、みんなで盛り上げ良いイベントにしようという感じが無い。
自分さえ良ければ、自分達のチームさえ良ければ、、的な感じも多く見られるようになってしまった。
自分達の利益の為にはルールも破る、、、ってのさえみかけるように、、、。

そんなんだったら、その場所をイベントじゃない日に1人で走ったりチームで走ればいいだけになってしまう。
それでは、個人的にイベントとして面白くないんだよねぇ。
なぜ?、、、って、金出して遊ぶだけな事なんて世の中いくらでもあるからね。

(もちろん全ての人がそうではないですよ)

大きなイベントほどそう感じたり、人気になって自転車歴が少なそうな人が増える程そう思えた。


自分は体力や時間が許すなら、金払って参加している側でもイベント片付けとかも手伝いたいくらいな気持ち。
イベントが終わる寂しさも味わってこそ楽しい思い出になるとも思うし。

しかし、、、カネを払っている側(参加側)の要求と壁があったり、カネを貰っている側(開催側)の要求と壁があったり。
参加費が高額なイベントはそれでもいいのかもしれないけど、、、
勘違いしている人も多そう、、、
・イベントは必ずしも黒字でやっているとは限らない。
・ボランティアスタッフさんだっている。
・協賛メーカーやショップさんは当然自腹で景品やお金を出している。
・町興しイベントって意味のあるモノもあるだろう
・県や市から補助金が出ていたり、●●会からイベント費用が全額出ていたり。
・地元の人達の理解と協力があるからこそ出来ているイベントもある。
そういう人々の想いの上でのイベントが成り立っているってのは、大人として理解して参加すべきだろう
それを、、、スポーツジムでお金を出しているからお客さんだ的な感覚と行動ってのは見るのが辛い。
イベントやっている側はもっと辛いだろう。




参加資格が『バイクが好きな人』って点はとても良い事だと思う。
もちろん、自己責任的部分は理解した上での参加です。

本当に何かが好きで集まるのなら、イベント会社主催よりもオフ会の方が楽しいのかもしれませんね。

大きな会場や施設など必要な事は、イベント会社やショップやメーカーの力が必要。
そこには利益や損得があるので、それはそれで楽しみ方が違ってきているのは仕方がないのかもしれない。
でも、やっぱり、、バイク好き同士、自転車好き同士、、、って思いたいのは自分が甘過ぎるのかな(^^;


日本人お得意の『お祭り』ってのはそういうものだと思うんですけどね~。


Secret

TrackBackURL
→http://14nenburi.blog77.fc2.com/tb.php/290-4e56680f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。