上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は朝から痛かったが、夕方の発汗と眩暈は無かった。
今日は朝は一部痛いだけだったので追加の痛み止めで1日持った。発汗&眩暈も起きなかった。
毎日、体調が違い過ぎて全く予定というものが立てられない。



カボチャ

●さんから頂いたちょっと変わったカボチャ。

朝食

自分の朝食はこんな感じで和食。
ご飯、味噌汁、とんぶり、タラコ。


今日は午前は通院。
体重測ったら47Kgだった。
そりゃ体力もないわけだ、、、。
なんとかあと4Kg増やしたい。

薬

外科だけでこれだけの薬。
今週は内科の予約もある。内科は段ボール1箱分。
これだけ飲んでも生きていけるかどうか、、(^^;

民間療法は、、、アガリスク錠剤、琵琶の葉茶、味の素社のベータグルカン飲料、お灸。
そして鍼灸院。

薬だけで満腹になりそう(笑。



土曜日、●さんの家に行き体調悪くなり車で送って貰ったので、バイクを取りに行った。

SR400

せっかく乗ったので記念写真(笑。
たった片道15Kmなのに、、、片道しか走れなかったとは情けない体だ、、、(>_<)
今日はその復路だけ走ったんだけど、やはりバイクって楽しいねー(^^)


昨年は寒い中、抗がん剤の副作用がキツクても頑張って走れた。
寒さに耐えられたのも抗がん剤の痛みや吐き気に耐えられたのも体力があったから。
1年も抗がん剤を続けかなり体が弱っている。
まあ、抗がん剤で別の臓器がやられたわけじゃないので、ただ体重と体力が無いだけなんだけど。
なんとか寒くなる前に体力を取り戻さないと冬に乗れないかも、、、。






あいララ(あいつとララバイって古いバイク漫画)をまだ読んでいる途中。
やっとバイク屋ボンバーのハゲオヤジが出てきた所まで読んだ。
水曜日のシンデレラ、悪魔のポルシェとのレースが終わった所まで読んだ。

公道レースで迷惑この上ない走りであくまでマンガの世界なわけだけど、
バイクに乗る事が楽しいという気持ちの表現は読んでいていい感じです。
自分もバイクに乗っているだけで楽しい気分になれるので、その点では共感出来る。

で、、、、読んでいて思った。

このマンガのメインの舞台は横浜。
横浜の街は、街の中でもバイクで走っていて楽しい道があるのだろうか?。

皆さんはどうです?。
街中に住んでいる人は、街中で走って楽しいコースってあります?
というか、そういうコースを見つけてあるのでしょうか?。

自分の家からだと街を抜けて走って、信号が少なくてコーナーもある所まで行こうと思うと東西南北どの方向へも15Kmは走らないといけない。
それまでは、、、信号、直線、信号、直線、信号、直線、、、、の繰り返しばかり。

当たり前だけど、マンガのように信号無視はしないし、無茶な走りもしない。
少しは楽しい少し走るだけのお散歩バイクコースを見つけたいなぁと考えたりしています。






最近TVのニュースで多いのが自転車取り締まりニュースと、自転車の道交法についてのニュース。
今日もやっていた。

自転車ニュース

取り締まり強化中だそうです。
自転車のみなさん気を付けて。
(捕まらないようにって意味でなく、法律違反しないように)。

取り締まり強化の理由は、
・自転車の事故が多過ぎる事
・3年前の自転車は車道を走ると決めたのが全く守られていない事
・ブレーキ無し自転車事故が多いのも引き金の1つらしい

TVの取材場所での取り締まりは、歩行者用信号が青だからって信号無視して走ってくる自転車が警察さんに停められていた感じだった。
でも、、、最近名古屋で流行?の歩車分離式信号は自転車は歩行者信号の方に従わないとダメなんだよねぇ。
自転車の法律ってあいまいな部分が多くてハッキリ決まってないのも問題だよね。
こういう場合は歩道を走れとか、こういう場合は車道を走れとか、、、、。

警察さんの取り締まり強化で、自転車が法律を守りより安全でスムーズになる事を期待しているけど、、、
果たして今のままで上手くいくのかな?。

例えば、、、子供を乗せたママチャリ。
車が60Km/h、80Km/hのスピードでビュンビュン走る車道を、ママチャリに子供を乗せて走れるのかな?。
細い自転車レーンがあってもその恐怖は変わらないだろう。
細い自転車レーンをフラフラダラダラ走るお年寄り自転車が走れるのか?。

それ以前に自転車レーンはまだほんの一部の道にしかない。
取り締まりの前に車道を自転車も走る事を考えてすべての道路を整備する事が先なような気もする。

もちろん、車道を走る車やバイクのスピード違反も問題だし、自転車と道を譲りあう心があるかも問題。
自転車だけ取り締まっても上手くいかないと思うんだよねぇ。


そして、、、もう1つ問題なのは保険らしい。
自転車が歩行者との事故で、歩行者の怪我や障害で賠償金数千万円という事も。
しかし、無保険な自転車乗りがほとんど。

当然払えなければ実刑。

みなさん保険入ってます?。
もちろんママチャリしか乗らない人もね。

エコで健康にいい自転車。
走り易い環境になっていくといいですねー。






価格.comを見たら、SSD大分安くなってきましたねー。

AS510S3-120GM-Cなんて11980円で、Read 550 MB/s、Write 510 MB/sだって。
めっちゃ速い。

例えば、、、もし550 MB/sなんてスピードがほんとに出るなら、動画編集でめっちゃ楽そう。
処理によってはCPUが動画を550 MB/sも処理しきれないだろうし、もっと速いCPUも欲しくなりそう(笑。

そういえば、、、うちもスマホを除いても、すでにSSDを6台も使っていた。
そりゃ最近のPC系が快適なのもあたりまえか、、、。
Win7タブレットのSSDを積み替えようかなぁ、、、。


タイ洪水でHDDが入ってこないらしくHDD価格は倍くらいになっている。
まあ、今の時代PC系の起動ドライブはSSDが当たり前になっていくだろうし、
HDDがないと困るのは、録画機器とデータ保存用だけだよね。




『続きを読む』は、高級食材、そして言語。



みなさんが考える『食べたいけどなかなか買えない高級食材』って何です?。


自分が考える『食べたいけどなかなか買えない高級食材』は、
国産ブランド肉のランクの高い肉、キャビア、トリュフ、一部の養殖じゃない高級魚、一部の国内海域捕獲魚、国産マツタケ、高級ランクの果物、、。

まあ、どれも無理すればというか勿体無いと思いつつ買えば買えない事はない。
言い換えれば、普段から毎日食べられるような価格ではない。

この中で最近食べた記憶があるのは、
国産マツタケ(●さんに頂いたm(__)m)が昨年。
トリュフ(●さんにご馳走になったm(__)m)のが数年前。
キャビアがもっと昔。(結婚式の料理で出た)
あとは、、、記憶が無い^^;、、、。

当然だけど、自分が普段行くような飲食店ではメニューにさえ無いし、250円弁当500円弁当いや1000円弁当でもこんな食材は使われないだろう。
下手するとスーパーにだって売っていない可能性が高い。


記憶が無いほどの頻度でしか食べられない高級肉、、、
高級果物や高級魚は外国の金持ち相手に輸出までしている、、、。

日本人が普通に食べる事が出来ないような食材を関税で守る必要があるのですかね?。
そして、外国からの安く買えるはずの食材は関税で高くなっている。
関税で守る事で誰が得しているのか?、、って一部の生産者だけだろう。
一般日本国民が得している事は何もない。

こういうのは食料自給率とは関係ないよね。
関税撤廃されたからって、どの道毎日食べられる価格になるわけじゃない。
そういう点は考えて交渉すべきだと思いません?。




それに安い食材が入ってきたからって、そのまま安く買ったり食べたりは出来ないだろう。
なぜって、、、、
保管、輸送、梱包、安全確保のコストは安い食材も高い食材も同じだし、
販売店や飲食店だって最低限利益を確保して価格を付ける。

販売店や飲食店が600円の国産肉に400円の利益を乗せて売る。
そうでないと店がやっていけない計算なら仕方が無い。
これが200円の外国肉になったからって400円の利益を乗せないといけなかったら販売価格は600円。
日本人の人件費が高いからどうしようもない。
これは保管、輸送、梱包、安全確保にかかる人件費も同じ。
それに飲食店だって家庭だって、急に安物で味を落とす事は出来ないだろう。


まあ、安ければ多く売れる場合もあるかもしれないが、
日本人の数が急に増えるわけじゃないし、食べる量が急に倍になるわけじゃないから、全体の消費量は大きくは変わらないだろう。

大きく消費量が変わる可能性があるとすれば、、、
『混ぜ物』で我慢していたのが我慢しなくてよくなったり、
『(今までの)安い食材』で我慢していたのが我慢する必要がなくなるって点くらいでは?。
例えば、、、
穀類で腹を膨らませていた分も肉が食べられるとか、
高いフルーツと安いフルーツの盛り合わせが高いフルーツだけ食べられるようになるとか。



これは食べ物だけでない。
薬だってそうだし、サービス業も金融系も、、、全て同じ。
日本の社名でも生産は外国だったり、国産でも生産者は外人だったり、、、。


自分が思うのは、本当に日本国や日本人を守る為の関税は必要なのかもしれないけど、
極一部の人の利益の為に多くの人が犠牲になっている関税は要らないと思うんですよね。





もう1つは、言語の問題かもしれませんね。
「外国語が解らないから日本人相手にしか商売したくない。」
「外国語が解らないから世界を相手に商売したくない。」
どんな業種も、医者も法律系も公務員もそんな事を言っていてはいけない時代なのだろう。
こんな事を言っていていいのはあと数年かも。
特に経営者や役職の人は考えないといけない時期。
小さく商売やっていくならまだしも、大きくやっていくなら避けられない時が来たんだろうね。

もちろん、サービスを利用する側もね。

日本語を勉強して日本にやってくる外人は沢山いるのに、日本人は変わろうとしなかった。
自分もですが^^;、、、。
外国行って店員などに「日本語しゃべれよ」なんて言っているようではダメなんだよね。

言語鎖国意識してきたツケが今来たのかもしれない。
これは(義務)教育って点の問題もあるけど。
12歳(中1)でThis is a pen.とか言ってちゃダメなんだよねぇ。


言語が使えないから、勝負する事も出来ない、勝負する気も起きない。
そんなのを関税でいつまでも守る必要はない、、、のかも。

サービスを利用するだけの側としても50歳以下は第2言語が必要なのかもしれない。
そう思ってもなかなか出来ないんだけどね(^^;

Secret

TrackBackURL
→http://14nenburi.blog77.fc2.com/tb.php/360-631be0f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。