上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに驚いた
というか、発見出来た事が嬉しい。

それは、前回ちょっと紹介したUSBサウンドアダプター。
しかも699円で驚いた(笑

20111109223006_000.jpg

もちろん今までもこういうモノの存在は知っていました。
ただ、疑問だったのです。
なぜみんなわざわざコレを買うのか???

だって、デスクトップPCにはマイク入力、ライン出力、ライン入力、SPDIFがある。
ノートPCだって、マイク入力やヘッドフォン出力がある。
なぜわざわざ買うのだろう?、、、と。
それ以前に、携帯音楽プレーヤーやスマホで音楽聴いてもいいわけだし。
さらに、個人的に5.1chとか7.1chにはまだ興味がない。

しかし、、、使ってみて解った。

うちで一番ノイズの少ないPCはメインで使っているデスクトップ。
ライン入力を使わないといけない時はこのPCを使うし、一応一番高いパソコン用スピーカーはこのPCだけ使っている。

このPCと比べても、699円USBサウンドアダプターは20dB以上もノイズが少ないのです。
そりゃこういう製品が売れるのも(やっと(^^ゞ)納得って感じです。

サウンドチップやドライバ、再生ソフトでよくドルビーなんたらとか、なんたらサラウンドとかって機能が言われているが、ノイズがあっては意味がないんだよね。
しかし、パソコン系は高周波機器の塊。冷却ファン(モーター)もいくつも回っているし。
ある程度のノイズは仕方がないと思っていた。
でも、パソコンから離れたUSB機器でならそのノイズの塊のパソコンからも離れられる。
当然音製品なので音質な点が売りなわけだし、ノイズも少なくて当然なわけか、、、。


『パソコンと離れる』って点も便利で、デスクトップPCだと本体からケーブル繋ぐのも邪魔。
ヘッドフォンを繋ぎたいと思ってもケーブル長くなる。
自分は机の下にPC本体を置いているのでヘッドフォン繋ごうと思ったら2m以上のケーブルがいるんだよねぇ。
それがUSBサウンドアダプターで手元からヘッドフォンも繋げられて、しかもノイズが少なく音がいいわけです。


寝室PCのMacbookにも買いたくなった(^^ゞ
寝室PCのMacは以前も書いたがSSDにしてあるので冷却ファンがほとんど回らず静音PCなのです。
それに寝室にはコンポもある。
MacbookにUSBサウンドアダプターを使えば高音質でコンポに音を送れるんです。
下手したら携帯音楽プレーヤーをアンプに繋ぐよりも良い音で音楽聴けるかも。


いやぁーーー驚きでした。
しかも699円で驚けたってのが嬉しい。
次は5000円くらいのを買ってみようかなぁ、、、、って、まあ、それはまたいつか。
もちっと体力戻して、音楽をもっと楽しめるようになったら考えます。






ついでに、、、携帯音楽プレーヤーだからスマホだから音がいいとは限りません。

昔買ったC社の1.8inc HDD内臓携帯音楽プレーヤーは、HDDが動き出すとそのノイズがヘッドフォンに乗ってくる。
HDDは読み込み毎に動くのでかなり気になります。
安くないし音楽プレーヤーなのにこんなノイズがあっては意味無いじゃん、、と、当然イラっときます(笑。


今は速いので?大丈夫かもしれないけどiPodやiPhoneも同じ。

自分のiPod Touch(1st)やiPhone3Gは再生中に音が飛ぶ。
音が途切れて無音になるのではなく、音が省かれるのだ。
ドラムやベースの音が1音なければさすがに気付くよね。
巻き戻してもう1度聴くと今度はきちんと音がある。

CPUが遅いせいか、メモリが少ないせいか、他のアプリの割り込みのせいか、再生ソフトの出来が悪いのかわからないけど、携帯音楽プレーヤーやスマホで音楽がまともに聴けないなんて、安くないんだし、、、、当然、イラっときます(笑。


GalaxySも一番最初のOSバージョンの時は音が途切れる事があった。
当然、イラっときます(笑。


それに比べて、iPod 60GBはHDD積んでいるのに全く問題なかった。


うちの何台かのノートPCはほとんどダメ。
ノイズが多過ぎ。
まあ、ノートPCじゃアースも繋げないし仕方が無いのかもね。
でも、ノートPCの高いのって音がいいとかって宣伝しているよねぇ。


音楽鑑賞を目的の1つに買っているわけだし、安くないし、音楽が聴けると宣伝しているわけだし、
そういう製品でまともに音楽が聴けないのは納得いかないよね。
それに、有名メーカーも適当なモンだなぁ、、、ってのが悲しい。

これでメーカーに文句言っても、弁護士どうこうで力技で出てきて泣き寝入りになるだけだろう。
昔、ネットでそんな事件ありましたよねー。


視聴というとヘッドフォンやスピーカーばかりに気が行ってしまうけど、再生機器にも問題がある事も多い。
音楽目当てで買う場合は気をつけて。



だって、、、数万、十数万のパソコンよりも699円の方が音がいいんだよ(大笑
ブランドや宣伝に釣られて買っていると損をするかも、、、。
まだヘッドフォン端子側は試してないけど、これでヘッドフォン端子側も音がよかったら、数万のスマホや音楽プレーヤーよりも699円が勝ってしまうって事に(大笑


何が言いたかったって、、、
音楽が好きだからブランド機器を買いましたって感じの人は多そうだけど、音楽が好きだから音で選びましたって人って少ないんだよね。
そういう情報が欲しいのに、、、なかなか無い。






ついでに、もう1つレポしておきます。

それは1300円のUSB充電カイロ。

大きさはエネループ製品と比べて半分の厚みです。

20111109223013_008.jpg

写真奥から2つの白いのがエネループカイロ リチウムイオン充電タイプ。
5VなのでケーブルさえあればUSBからも充電出来ます。
その隣の銀色が今回のUSB充電カイロ。
その隣の金色のがエネループカイロ 単三ニッケル水素充電池(エネループ電池)タイプです。
充電はUSBから。カイロとして使わなくても充電器としても使えるわけです。

温度は体感ですが、エネループの強モードと同じくらいの温度。
エネループは強弱の2モードがあるけど、今回のはオンオフしかありません

エネループリチウムと今回のUSB充電カイロはストラップを付ける穴がありますが、
エネループ単三タイプはストラップの穴が無いので、ポケットに入れて使うかカイロ用ケースに入れて使わないといけない。
腹を温めたいって使い方だとストラップ穴があるかどうかは結構問題
服のポケットに入れてしまうと、温かさも感じ難い。

電池の持ちは、、、
エネループ リチウムが強モードでも4時間は持つ。
USB充電カイロは90分~180分らしい
エネループ 単三タイプは、強モードだと3時間持たない。

通勤などで使うなら会社でまた充電すればいいわけですが、バイクで使うとなると帰りに電池切れになるかもしれません。
寒い帰り道に電池切れだと悲しくなる(笑。
なので、1個だけじゃダメなわけです。
その点では、エネループ単三タイプは予備のエネループ電池を充電して持っていれば使い続けられるわけです。


充電式カイロって言っても色々違いがあるんです。
希望を言えば、5V出力もあってスマホなどの充電にも使えたら冬以外も使えるのにね。


みなさんも今年はエコに充電式カイロどうです?。
毎日毎日使い捨てカイロって時代もそろそろ終わりに。


Secret

TrackBackURL
→http://14nenburi.blog77.fc2.com/tb.php/363-ba347543
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。